top of page

​書究文化書芸院

特別企画

氏名

鳥生

春葉

とりゅう

しゅんよう

鳥生

釈文・読み

世界平和を祈る 以和為貴 (和を以て貴しとなす) 

意味

解説・備考

皆様とともに 世界平和を祈ります。  聖徳太子の伝える和の精神。私たちもその意を継承し、被爆都市広島からも時代に合った形で受けとめ発信したいです。 現在ウクライナ進攻が止まないことには心が痛みます。できる形の支援と、宗派・国を越えて祈りの力で平和な世界を!

書家からのメッセージ

bottom of page