top of page

​書究文化書芸院

特別企画

氏名

間山

陵行

まやま

りょうこう

間山

釈文・読み

迷故三界城、悟故十方空、本来無東西、何処有南北(迷うが故に三界に城なり、悟が故に十方空なり、本来東西なし、何れの処に南北あらん)

意味

解説・備考

人は地球上の欲と物と心の世界でさまよいます。ロシア、ウクライナもそうです。そうしたこだわりは、自分たちが作りそして悩む元になっています。宇宙には方向もルールもない。こだわりをすてて、軽くなったら人間同士信じあえるのではないか。

書家からのメッセージ

bottom of page